そもそも銀座のクラブってどんなところ?徹底解説いたします!

  1. トップページ
  2. 初めての銀座クラブで心得ておくべきこと

初めての銀座クラブで心得ておくべきこと

クラブって誰が行くところ?何をするところ?

クラブとは、ホステスが男性客をもてなす飲食店のことを指します。概してお店の女性とお酒を飲むために男の人が行くところと言って差し支えないでしょう。ただ、なんとなく上場企業のトップや政治家、芸能界関係者の行くような敷居が高いお店というイメージがありますし「座ただけでウン万円」なんて言われたりもしますから、初めて赴くとなると少し勇気が要るかも知れませんね。

多くの人が最も気にするのが「料金」ではないでしょうか。クラブには、一般的な居酒屋のお通しやバーのつまみなどに該当する所謂「チャージ」料金が、「タイムチャージ」「サービスチャージ」「ホステスチャージ」「ボーイチャージ」「テーブルチャージ」といった具合に、口に入るもの以外の部分に加算されていきます。これに加え、ミネラルウォーターなどのセット料金(ファーストセット)、ボトルを入れたとなればそちらの料金も支払うことになりますから、他の飲食店と比較すると値段は相当お高めです。現金で用意しておいても良いでしょうし、カードで支払うことも出来ます。

初めてクラブに行く人はどんな人?お仕事の接待?遊びで友人と?

次に気になるのは「どんな人が居るのか」「自分が入って場違いにならないか」というような事柄かと思います。やはりそれだけ一晩でお金を支払える客ともなれば、皆ハイブランドのオーダースーツに身を包んだいかにもリッチな男性に違いないと思うでしょう。しかし、実際にはそうでもありません。私のように上司に初めて連れて来られた、まだリクルートのようなスーツの若造も居ますし、スーツではなく私服の方も居ます。その場合、少し前までは「ジャケット着用」が主流でしたが、最近ではクールビズの時流のためかそこまで厳しくはなく、「ドレスコード:スマートカジュアル」というような表記を目にするようになりました。簡単に言えばハーフパンツやショートパンツ、サンダル、スニーカーなどは避け、お店の高級感を壊さないような格好であれば良いということです。

雰囲気としては、やはり「遊びで友人と」というよりは「お仕事の接待で」見えてる方が多いのではないでしょうか。

ページのトップへ