初めての銀座クラブで会話を楽しむコツ・いい客になれる作法やマナー解説いたします!

  1. トップページ
  2. 初めての銀座クラブで心得ておくべきこと
  3. 初めての銀座クラブで会話を楽しむコツ・いい客になれる作法やマナーご紹介!

初めての銀座クラブで会話を楽しむコツ

銀座のマナー・エチケット

「銀座クラブ」「高級クラブ」と聞くとそれだけで特別なマナー・エチケットが存在するような気がしてしまいますよね。特に初めて連れて来られたお客は大抵皆自分が「場違いなんじゃないか?」と心配なので大人しくしていますし、緊張しています。しかし、そういうお客こそホステスとの関係や自分の立ち振る舞いに「節度」「緊張感」を持ったマナー・エチケットのなった「いい客」なのです。

「よくない客」というのは、通い始めて数年、慣れてきた頃になると色々なことを誤解をして大口を叩いてしまう、悪ふざけが過ぎてしまう客でしょう。ありがちなのが年配の方が新人社員を連れてきたときに「この店には通い慣れてるんだ。ママは俺が育てたんだ」みないなことを言ってしまうパターン。他にも会計をしつこく「まけてよ」と食い下がったり、「ママのとこにはいい子がいないな」なんて上から物を言ったりするのも大変失礼ですよね。

それから案内された席に座る、というのも大切なマナー。間違っても「俺は端っこの席がいいんだけど」なんてごねたりしないで下さいね。みっともないと思われてしまいます。

また、あまりに珍しい酒や取り寄せに時間のかかるような酒の注文はお店の迷惑になる場合があります。メニューになさそうなお酒であれば、予約の時点で「取り寄せてテーブルにお願いします」と伝えておくと良いでしょう。

基本的に「ホッピー」だとか「レモンサワー」だとか居酒屋で飲むようなお酒は銀座には置いていません。年配のお客に「ホッピー割にしたい」と注文されたママが酒店虱潰しにした挙句駅近くの立ち飲み屋の「ホッピーあります」という看板まで着物のまま走ったなんて仰天話もあります。それくらいクラブでのオーダーは絶対であり、だからこそ常識の範囲内でお酒の注文は考えなければなりません。

反対に、「ボトルはどうされますか?」と聞かれたときに「お勧めで」とか「普通ので」なんて言うのも店を困らせます。自分で飲みなれたものを選んでオーダーしましょう。

ワンランク上の客:女の子にお酒を

クラブはあくまで女性との出会いや会話を楽しむ場所であり、お酒はそのおまけです。純粋にお酒を楽しみたい人であれば、クラブではなくバーに行くでしょう。

女性との出会いや会話を楽しむ場所でベロベロに酔っ払って女の子を口説いたり身体に触ったりするのはナンセンス。「喋りを滑らかにする」程度のお酒を飲みながら、小粋なトークで女の子たちから笑顔を引き出す、そういう場所です。

ワンランク上の客は、ここで隣の女の子に「何か飲む?」と声を掛けます。その日のうちに空けてしまうシャンパンかスパークリングワインを頼んで、自分は控えめに、女の子が飲んで「美味しい!」というのを微笑ましく眺めていられたらあなたはもう「銀座通」です。特にシャンパンは見栄えもよいですから、他の席の客からも一目置かれます。

ワンランク上の客:女の子にフードを

女の子にお酒をオーダーするのと同じように、「フルーツでも食べようか?」なんて声を掛けられたらかなりデキル客。例えその子が「美味しい!」と言っていた割には一口食べて別の席へ「ごめんなさい、呼ばれちゃった」なんて言っても「なんだよもう!」なんて腹を立てずに笑顔で「頑張ってね!」と言えたら「銀座通」。次回「この前はせっかく頼んでくれたのにごめんなさい」の一言を女の子に言わせるためにそうしたのですから。これが粋な遊び方なのです。

ちなみにシャンパンを頼むとイチゴを入れたがる女の子は多いですが、フルーツを入れると泡が立ちやすく注いだときにこぼれる危険性がありますので充分にご注意を。

ページのトップへ